Juice upのBLOG

女川へ

今回は、いつものおちゃらけたブログではないことを先にお伝えしておきます。

そして、不適切な表現や読まれた方の受け取り方で不快に思われてしまうことをお許し下さい。



連休前のことなんですが、

マイボウズの高林さんより連絡があったんです。

内容としては、

「アメリカのお客さん(レオナルドさん)から今回の震災の為になにか役に立てればということで寄付金があったと。

そして、できれば避難所にいる子供達に役立ててもらいたいとのこと。

その寄付金でお菓子を購入したので、できれば直接届けてもらえないかと。」

断る理由はないので、お菓子を中継として送ってもらうことに。

d0196232_21464263.jpg



高林さんとのお話しで女川へ届けることになったんですが、

正直なところ土地勘がないんです。

そこで相方に相談したところ、「たまに沿岸部は仕事で行くし、そういう事なら同行する。」と快諾。


私は連休前ということで仕事が詰まってたんですね。

お菓子は届いてもすぐに届けに行けないイライラを感じるわけですが、

それと同時にいろいろ考えてしまうんです。

既に避難所によっては物資が余ってる可能性から無駄になるんじゃないか・・・

個人からの物資を受け入れてくれるのか・・・

避難所の方に迷惑がられないか・・・

とにかく届けられるのか・・・


お菓子が届いてから一週間が経過してしまったんですが、

なんとか連休前の仕事をこなし、車にお菓子を積んで2日に女川へ。

道中、様々な場所で津波被害の光景を目の当たりにする。

そして女川へ到着。



それはもう最悪でした・・・。



町は爆弾を投下されたような壊滅状態。


4階ビルの屋上には津波で打ち上げられた車。


道路以外はすべて瓦礫。



あまりの惨状に言葉が出ないんです。

想像を絶する光景はただただ唖然とするばかりで、

悲しむ気持ちを通り越ししばらくは何も考えられませんでした。




あの日から二ヶ月は経とうとしてます。



あの日から女川は未だそのままだと思います。



d0196232_23264154.jpg



続きます。
[PR]
by juiceup | 2011-05-04 23:34